スタイルサイエンス.com

うつくしいひとの歩き方

うつくしいひとの日常をよく見てみると、「歩き方」に違いがあることが分かりました。 」私たちワコール人間科学研究所は、一般的な体型変化をした人と、若々しい体型を維持した人のからだを、あらゆる方面から比較・検証しました。すると、「歩き方」に大きな違いがあることがわかりました。では、実際にどう違うのかを見ていきましょう。

うつくしいひとは、「歩き方」が違う?

「歩き方」について、検証しました。 若々しい体型を維持した人と、一般的な体型変化をした人の「歩き方」について検証しました。
 
若々しい体型を維持した人   一般的な体型変化をした人
歩幅と歩行速度について 若々しい体型を維持した人たちの歩き方は、歩幅が広く、速度が速い、颯爽としたスタスタ歩きになっています。一方、一般的な体型変化をした人たちの歩き方は、歩幅が狭く、速度も遅いペタペタした歩き方になっています。 歩行速度が速い歩き方は消費エネルギーが高いと言われています。普段からこのような歩き方を身につけることで、毎日の歩行を“エクササイズ歩行"に変えることができると言えるでしょう。 うつくしいひとは、よく歩く。だから「歩き」に着目した下着を作りました。
若々しい体型を維持している人たちは、普段から歩幅が広く速度の速い、スタスタ歩きをしていることがわかりました。そこで、歩き方そのものに着目して開発されたのが、スタイルサイエンスの「歩きをエクササイズ歩行に変える」アイテムです。
「歩き」をサポート

クロス構造
太もも前側に「×」のラインがあるタイプです。このワコール独自のクロス構造[特許第3924586号]により、歩幅を広げ、歩くスピードをアップ。ヒップの筋肉を使いやすいエクササイズ歩行への変化が期待できます。
 
ドーナツライン構造腰の横に「楕円」のラインがあるタイプです。このワコール独自のドーナツライン構造[特許第4578527号]で股関節をささえ、脚を前後に動かしやすくすることで歩幅を広げ、ヒップの筋肉を使いやすいエクササイズ歩行への変化が期待できます。
     
ダブルライン構造
ワコール独自のダブルライン構造によりふとももが正面に向いたまままっすぐな足運びへとサポート。普段使われないふともも内側の筋肉を使うエクササイズ歩行への変化が期待できます。

※機能の表れ方には個人差があります。
※商品についている「安全に関するご注意」をよく読んでご使用ください。

ただ歩くのはもったいない!歩き方の「質」を高めましょう! ただ歩くのはもったいない!歩き方の「質」を高めましょう!

スタイルサイエンスTOP

スタイルサイエンス ラボ

スタスタコミュニティ

ワコール人間科学研究所